お金を借りるのはやっぱりよくない

私は現在28歳で会社員を務めております。私はお金で自分自身本当に痛い目に会い、周囲の人たちにも本当に迷惑をかけてしまいました。20歳の時にだれにも内緒で借金をしました。

借金をした理由はギャンブルやお水系、いわば遊び金です。私は高校卒業するまでは内気な性格で、クラスのみんなやバイト先の同僚にも打ち解けることはできませんでした。

それはいろいろな意味です。みんなある程度は自分の将来の目標をもって頑張っており、そしてある程度は悪さもしておりました。目標というのは勉強や貯金、大学のスポーツ推薦など様々です。

そして悪いことと言うのは、いってみれば少額の万引きや未成年喫煙、行きすぎかもしれませんが、交際などを行っておりました。みんな悪さが発覚したときの対応や自分の心の対処法など、学生の時にほとんど克服していました。

そして私自身はというと、学校には幼少からずっと真面目に通っていましたが、それ以外はバイトも頑張りすぎず手抜きをある程度行ったり、家に帰ってはテスト前に付け焼刃の勉強をして成績を収めました。

私は人とどう接してよいのかわからない状態で高校を卒業し、社会人になったのです。しかしみんなみたいにヤンチャな事をしたいという願望もありました。それを会社で働くようになってから灰がとれたかのように一気に解放され、豪快になったのです。

会社の仕事はしっかりおこないましたが、先輩や上司、会社と自分が成人してからの親戚やご近所づきあいなど、非常にストレスが掛かり、パチンコや風俗、タバコ、酒、飲む・打つ・買う、の給料がすぐそこを尽きる三拍子そろった泥沼の生活を送るようになりました。

そして初めて最初はアコムにキャッシングを20万ほどしました。そこで私はお金はすぐ借りることができると確信をしてしまい、それも自分の遊び金に使いました。それを何度も繰り返し気が付けば5年で200万近くに膨れ上がっていました。

自分の人間関係も相変わらずうまくいかず、かと言って自分のストレス解消法も今の方法しかわからず、まさに首が周らない状態となり、正直に家族や会社に借金があることを打ち明けました。

今は労金に借金を一本化してもらい、私自身も現在は回復してこのクラウドワークスなどの在宅ワークができるようになりましたが、病院に行き、うつ病と診断されて、休職中です。借金の返済は健保の私傷病手当で返済をしております。

私がもう少し、世渡り上手で、ストレス発散ができていれば、もう少しマシな20代の人生を送っていたかもしれません。皆さんも借金はしないように自分なり、工夫をして毎日の生活を送ることをおすすめします。

でなければ私のようになりますので、気をつけてください。私も復職をしたら同じ過ちをしないように頑張ります。お互い頑張って生きていきましょう。